ピュアメイジングニキビ跡

ピュアメイジングでニキビ跡は治せる?

 

「赤みのポツポツが気になる…」
「なんか茶色いシミみたいなのができてる…」
「ここ何年も肌が凸凹したまま…これ本当に治るの?」

 

 

ニキビ跡って大きく分けて3タイプあります。

 

 

  • 赤み(ニキビは治ったのに、炎症が続いている状態)
  • 色素沈着・シミ(赤茶や紫がかった状態)
  • クレーター(肌に穴が空いたように凸凹している状態)
  •  

     

    ピュアメイジングでニキビ跡が治せるかは、あなたがどのタイプかによって大きく変わります。

     

     

    ピュアメイジングで治るものと治らないもの

     

    ニキビ跡の赤みタイプは◎!

     

     

    このタイプは、ニキビ跡のなかでもまだ初期段階。

     

    そのため、刺激をなるべく加えないようにまずは炎症をしずめることを最優先にしていきましょう!

     

     

    ピュアメイジングのなかに入っているものでは、紫根エキス・アラントインの有効成分が抗炎症に作用します。

     

    余計な刺激を加えずに肌の安定を保つ効果もあるので、新しくできるニキビの予防にもつながります。

     

     

    赤みタイプは基本的に何もせずとも、体の治癒力によって自然に治っていくものなので、あれこれ塗らないというのが大切なポイントです!

     

     

    ターンオーバーの周期である約1ヶ月〜3ヶ月で、だんだん良くなってくるのが実感できると思います。

     

    あせらず気長にケアしていきましょう!^^

     

     

    ニキビ跡の色素沈着タイプは〇!

     

     

    色素沈着タイプは、赤みが変化し重症化したもの。

     

    なかなか治りにくいので、ターンオーバーを整えてくれる成分が効果的です。

     

     

    ピュアメイジングでは、プラセンタやプルーンエキスが美白に効果があり、体の代謝機能を高めてくれる働きがあります。

     

     

    プラセンタは美肌のサプリとも呼ばれるほどで、肌を整えてシミの予防にも効果が期待できます!

     

     

    なかには、ニキビ跡が原因でシミになってしまった方の嬉しい口コミも見受けられました!^^

     


    (引用:アットコスメ)

     

    ただ色素沈着が進むと、表皮の奥の真皮(自然治癒力が働かない部分)にまで傷がついてしまい、回復するのに時間がかかってしまう可能性があるので、早め早めに手を打つことが何より大切です。

     

     

    ニキビ跡のクレータータイプは×!

     

     

    クレータータイプは、肌の奥深くまで傷がついているニキビ跡のなかでもっともやっかいな状態です。

     

    ピュアメイジングは、成分が傷ついた奥の部分まで届くことはないので自宅で治すのは難しいでしょう。

     

     

    クレータータイプにも、アイスピック型などいろいろな種類があります。

     

    下手にニキビケア化粧品に手を出すよりも、一度専門医に診てもらったほうが確実です。

     

     

     

     

    ニキビ跡がなかなか治らなくて悩んでいる方は本当に多いと思います。

     

    ただ、あなたのニキビ跡のタイプによっては、自宅でのケアでも十分間に合います。

     

     

    いろいろケアして頑張ってきたけど…っていう方は、思い切ってこのようなシンプルケアに切り替えてみるのもアリですよ!

     

     

     

    関連記事

     

    ピュアメイジングの口コミ

     

    ピュアメイジングって薬局でも手に入れられる?