ピュアメイジングのデメリット

ピュアメイジングの口コミから分かった2つのデメリットとは?

 

ピュアメイジングは、シミやニキビに悩む女性の救世主といえるほど高い評価を得ています。

 

ただ、そんなピュアメイジングにも完全にデメリットがないわけではありません。

 

 

ここでは、購入者が実際に使ってみて気づいた2つのデメリットについて、ご紹介します。

 

 

ピュアメイジングのデメリットその1

 

 

ジェルが比較的重めで、ベタつくというもの。

 

その理由として一番に考えられるのは1回に使う量が多いという印象でした。

 

 

同じ量でも体質によって自分に合う量がそれぞれ違ってくると思うので、最初は少なめ〜足りなければ徐々に付け足していくっていう使い方がいいかもですね。

 

 

ベタつく自体はデメリットではあるけれど、肌に負担をかける点では問題ないので自分に合った使い方を見つけてみてください^^

 

 

ピュアメイジングのデメリットその2

 

 

ピュアメイジングは付属のスパチュラがついていません。

 

衛生面を考えたら指で直接すくうのは、ちょっと抵抗があるかもしれません。

 

 

だけど毎回スパチュラでとるのも面倒だし・・

 

 

これに関しては一長一短な部分でもありますね。

 

 

対策としては、

 

  • プラスチックのスプーンや他の付属でついていたものを使用する
  • 爪に入るのを避けるため、カギの手(指を折り曲げて第2関節の部分)で取る
  • 1週間分くらい別の容器に移し替えて少しずつ使用する
  •  

    くらいですかね。

     

     

    上の2つは、わたしが実際にやっている方法でもあります。

     

    一番上の方法は、使うたび毎回石けんで洗っているのでちょっと手間はかかりますが、衛生的には一番オススメです。

     

     

    ぜひ試してみてくださいね^^